ダウンロード

連絡先

お問い合わせ

セミクロンeNews

今すぐ申込

セミクロンは2種類の方法で環境を保護しています

環境保護は、全世界的な信念と行動を形成するための、セミクロンに不可欠な一部です。セミクロンは、欧州連合の環境管理監査スキーム(EMAS)のメンバーとして、エネルギー消費の削減と環境保護が、セミクロンの存続と成長の鍵であることを確信しています。ドイツ、スロバキア、およびイタリアに存在するセミクロンの主要な製造サイトは、すべてISO 14001認証工場です。また、ドイツのサイトは、認定グリーンエネルギーの供給および社内および製造プラントにおけるリサイクル可能な資源への重点的投資により、EC規制1221/2009に適合しています。セミクロンは、環境に優しい製品を製造するために、原材料の使用量を節約し、廃棄物、廃水、騒音、その他の排出物の絶対的な最小限への維持に努めています。

自社製造サイトでの排出物および廃棄物の削減は、持続可能な将来にとっての重要な貢献です。しかし、環境保護への最大の貢献は、全世界のお客様によるエネルギーの製造および使用効率の改善をセミクロンの製品が支えることにより達成されています。

環境への直接的な影響

セミクロンのニュルンベルグ工場で発生する環境に関する主要な問題は、エネルギーの消費、水の消費、および環境に関連した原材料の使用の領域で発生します。廃水、大気中への排出物、および廃棄物は、主としてこれらの領域で発生します。

継続的な製造プロセスの改善および製造施設の近代化により、水および化学薬品の消費、および製造出力に対するエネルギー使用量の削減に成果が出ています。

エネルギー消費

必要なエネルギー24.7GWh/aの約14%が、社内のコジェネユニット2基によって供給されています。

T使用している主要なエネルギーの種類は、電気と天然ガスです。商用電源網から供給される電力に加えて、必要な電力の約20~25%が、現場の2基のコジェネユニットによって補われています。ここで発生する廃熱は、空調システムで利用されています。可能な場合は、熱回収冷却および自然冷却が、機械装置の冷却および空調に使用されています。

メガワット時の絶対エネルギー消費に加えて、 製造されたウエハ数に基づいて計算された製造プラントの相対電力消費量と、建屋の大きさに基づいて計算された建屋管理システムのエネルギー消費原単位の両方が、環境管理ダッシュボードに表示されます。 製造プラントの製造ウエハ単位の2018年の電力消費量は、2013年の71.0%に削減されました。また、建屋敷地面積1m²単位の2018年のエネルギー使用量は、2013年の86.9%に削減されました。

水資源のリサイクルの拡大

必要な水の量245,000 m3/aの約55%が、水資源回収プロセスによって供給されています。

半導体製造時の化学薬品による処理、ウエハ分割プロセス、および空気の加湿および冷却システムのために、純度の異なる水が必要です。可能な場合は、半導体製造時に発生する廃水は、新しい水の消費量を削減するたに、処理して再使用されています。水の消費量は毎月記録され、水のグレードおよび消費機器に基づいて、評価が行われています。これは、製造されたウエハ単位の水の消費量の節約を絶え間なく進めていくためです。

2018年の水の消費量は、2013年の78.8%に過ぎませんでした。これは、この数年間に実施された数々の改善による成果です。

上記の2例は、資源の使用に関して、セミクロンがその社会的責任を果たしていることを如実に示しています。セミクロンの環境/職業安全、直接的および間接的な環境への影響、環境管理、および環境目標の詳細については、セミクロンの環境影響評価書をお読みください