停電が問題となるとき

多くの分野で、瞬停による電圧降下のようなライン電源障害が発生した場合でも、装置は常に正常動作する必要があります。特にデータセンター、集中治療室、建物のセキュリティ制御システムは、誤動作やシステム障害を防止するために常時電力供給が必要です。電源障害はデータの喪失や生命の危険につながる重要なプロセスに影響を与えます。

詳細情報

電力を一時的に蓄電するシステム

グリッドに安定して電力を供給することができない再生可能エネルギーでは、電源の安定化のために高性能な蓄電システムを接続し、利用することが必須です。現在よく使用されている蓄電システムは、グリッドに接続された蓄電池をパワー半導体で制御しています。

UPSによる電源の保護

停電により大きな問題が発生するのを防ぐために、無停電電源(UPS)を設置することが増加しています。停電時このシステムでは、蓄電池から負荷に電力を供給します。蓄電池は、AC電源を整流して充電し、停電時にはUPSでDC電源をAC電源に変換します。

アクティブフィルターで電源線の電導妨害を補償

パワー半導体のスイッチングパルスが、パワーコンバータの電源ラインの高調波の原因となります。電源電圧の高品質を保証する電力会社の厳しい規格に準拠するために、アクティブフィルターは、無効電力、高調波とフリッカーを補償するために使用されます。

成長市場に対応したパワー半導体

セミクロンの売上の約11%は、UPSとアクティブフィルター向けパワーモジュールです。電力の不安定供給による影響が増加しており、この市場は成長市場です。2012年、市場調査会社IMS Researchは、中国、インド、ロシアや東ヨーロッパなどの地域での新規データセンターインフラへの投資が、2016年までのUPS市場の成長の起爆剤となると予測しました。

求められる高水準

UPSは厳しい市場の要求に直面しています。堅牢で高信頼性、可能な限りのライン電源品質の保証です。エネルギー効率の向上とコスト削減の強い要望に応じ、UPS市場での3レベル回路構成の採用が拡大しています。3レベル回路構成のIGBTモジュールがUPSでの3レベル化を可能にし、エネルギー効率と信頼性・コストの両立を実現しました。

SKiM4-3レベル