加速化するエレクトロモビリティ

電気自動車市場の重要性は増していく一方です。ハイブリッド技術は特に燃費向上と汚染を低減する効果的な方法であるためです。内部燃焼エンジンと電気ドライブを搭載したハイブリッドシステムは、いわゆるハイブリッド車やハイブリッドバスとして街中で目にすることができます。車両バッテリーの開発は、今後ますます電気自動車を魅力的なものにしていきます。対照的に今までも電気ドライブは、長い間フォークリフトトラックなどの産業用トラックの標準技術でした。

トラクターの電気駆動式補助ギヤ

エレクトロニクスで時代を先取り

現在パワーシステムは、農業用車両や建設用車両のフォークリフトやハイブリッドシステムに広く搭載されています。モータ駆動だけでなく、パワーエレクトロニクスは、他の領域でも重要な役割を担っています。例えば、ポンプ、ケーブルウィンチやトラクターの種まき機などがあります。

電動フォークリフト

エレクトロモビリティにおける長年の経験

セミクロンでは、エレクトロモビリティにおける長年の経験を持ち、5kW-250kWのIGBTモジュール、IPMやシステムがこの市場で使われています。1990年後半にセミクロンは車両駆動用インバータを初のハイブリッド車向けに開発し、以後20年に渡り産業用トラックメーカーに供給し続けています。現在、電動フォークリフトトラック40万台が、セミクロンのデバイスを使用し、振動、荷重・気候変動などの過酷な環境状況で稼働しています。さらに、30%燃料を節約するハイブリッドバス6千台にもセミクロンのデバイスが使用されています。

IGBTインバータ装置SKAI® 2

パワーエレクトロニクスはモータドライブのキー技術

パワーエレクトロニクスは、モータの速度とトルクを制御する、モータドライブのキー技術です。電動化により、次々と革新的な機能が実現されています。

エレクトロモビリティのキー部品

パワーエレクトロニクスは重要な技術です。モビリティが完全にHEVやEVシステムになったとき、車の未来は変わります。ここで重要な点は、高いパワー密度、小型化、非常に大きな温度範囲での高信頼性です。HEVやEVシステムの車により化石燃料の節約とともに、最先端のパワー半導体は、車の燃費向上を可能にします。ステアリング、オイル・水ポンプや空調用のコンプレッサなど装置の電動化により最大15%の節約が可能となり、さらに、電子制御付最先端LEDヘッドライトは、ハロゲンヘッドライトの50%の節電が可能です。