ダウンロード

カスタマーサービス

お問い合わせ

20年後の未来を予測

今をさかのぼること20年前、MiniSKiiPは誕生しました。はんだフリーのPCBへの組付け、組付け時間を大幅に短縮するスプリングコンタクト、簡単なPCB設計、高い接続信頼性など、システムコスト削減に直結する独自の設計は、パワーエレクトロニクスの世界における新基準となりました。

革新の20年

MiniSKiiPはすでに3500万個以上が使用されており、パワーエレクトロニクスの世界に革新をもたらしています。MiniSKiiPはプリぺーストされた熱伝導材料が初めて使用されたモジュールであるとともに、いち早くシリコンカーバイドを採用した産業標準モジュールでもあります。また、完全なモータードライブソリューションとしては唯一、1~90kWの出力範囲をカバーしています。

当社は現在も、未来を革新し続けています。MiniSKiiPは、SEMIKRON技術ポートフォリオを活用することで信頼性と電力密度の向上に成功し、中圧インバータなどの新しい市場でシェアを拡大しています。

MiniSKiiP – 20年の実績、さらなる革新。

MiniSKiiPモジュールの稼動実績が35万個に到達

MiniSKiiP® 利点

MiniSKiiPモジュールの特筆すべきメリットは、組付けが非常に簡単であることと、負荷端子およびゲート端子に保守が容易なスプリングコンタクトを採用していることです。高価なはんだ付け装置や時間のかかるはんだ付け作業が必要な従来のはんだ付けモジュールとは対照的に、MiniSKiiPの組付けには特殊な工具は不要です。プリント回路基板(PCB)、パワーモジュール、およびヒートシンクは、1本または2本のねじを使用した1つの実装工程で、すべて組み付けられます。

MiniSKiiP® 用途

20年以上にわたる経験と3500万個以上のモジュールの採用実績により、本モジュールプラットフォームは汎用ドライブ、単機ドライブ、サーボドライブ、システムドライブ、ソーラーインバーター、UPSシステム、溶接機など、標準的なあらゆる用途での実績が証明されています。

MiniSKiiP® プロダクトレンジ

MiniSKiiPモジュールの定格電圧は600V/650V、1200V、および1700Vで、定格チップ電流は4A~400Aです。CIB、6パック、ツイン6パック、Hブリッジ、ハーフブリッジ、および3レベルに加え、お客様専用にカスタマイズされたモジュールもご用意できます。また、迅速な評価に欠かせない評価用テストボードも、モジュールタイプごとにご注文いただけます。

1997

2001

MiniSKiiPモジュールの採用実績が100万個に到達

2003

第2世代MiniSKiiPモジュールの市場導入

2006

プリペーストされた熱伝導材料をパワーモジュール市場で初めて採用

2007

MiniSKiiPモジュールの採用実績が1000万個に到達

2011

MiniSKiiPに搭載された最新のチップ技術

エネルギー貯蔵システム向けのフルSiCスタック

エネルギー貯蔵用途でのフルSiC MiniSKiiPスタック
1~90kWまで対応する100% PCBベースのワンインバーター設計コンセプト

2014

妥協なしの拡張性

1~90kWまで対応する100% PCBベースのワンインバーター設計コンセプト

2015

1つのモジュールに2つのインバータを搭載

MiniSKiiPツイン6パックモジュールにより、よりコンパクトなインバータ設計が可能。サーボドライブやロボットドライブなどの多軸インバータ、および最もコンパクトなアクティブフロントエンドインバーターに最適な設計。

MiniSKiiPツイン6パックモジュール
カスケード中圧インバータ専用の1700Vパワーモジュール

2016

中圧対応のMiniSKiiP

カスケード中圧インバータ専用の1700Vパワーモジュール

2017

電力密度マスター

最新技術の組み合わせにより、MiniSKiiPの寿命および出力電力を向上:

MiniSKiiP 熱抵抗 / 出力電流
MiniSKiiP 熱抵抗 / 寿命